Home > 松山の日記 Archive

松山の日記 Archive

歴史のお話2

2015年7月13日のブログ「歴史のお話」で人類の起源について
お話ししましたが、その続報です。
またいろいろと新しいことがわかりましたよ。

 

今回は我々ホモ・サピエンスがアフリカで誕生したころ、
ヨーロッパに君臨していたまったく別の人種
ネアンデルタール人についてです。
彼らは同じ祖先から別の場所で進化した遠い親戚のようなもので、
一万年にわたって我々ホモ・サピエンスと同じ土地に暮らし、
地球の覇権を争った最大にして最後のライバルといわれています。



今まで、ネアンデルタール人は力は強いが言葉も話せず知能は低いと
いわれていましたが、頭蓋骨の大きさからホモ・サピエンスより
脳が約10%大きいこと、出土した骨の化石の形状から話すことが
可能だと推測されたこと、そして見つかった洞窟でストーンサークルを
作っていたことなどから、高い知能を持っていたようです。

 

ホモ・サピエンスは賢いから生き残ったという
これまでの説が覆ったわけですが、では、なぜ
ネアンデルタール人は絶滅してしまったのか。

そこには道具の発達と集団の大きさが関わってくるそうです。

 

屈強だったネアンデルタール人の石器は数十万年変わらなかったのに対し
非力だったホモ・サピエンスはより鋭利に刃を加工していき、
さらに槍を投げるアトラトルという道具も開発することで、
狩りの精度が上がり、より獲物を獲得することができました。
また、集団の大きさもホモ・サピエンスには約4万年前から宗教的な考えがあり
それが絆となって数百人という大きな集団になっていったそうです。
一方、ネアンデルタール人は数十人程度で全員血縁者だったとのこと。

集団が大きい方が情報を共有したり食料を分け与えたり、
生存の可能性が上がります。
実際、その後に訪れた急激な気候変動に対処できなかったのが
ネアンデルタール人の絶滅の理由といわれています。

 

そんなネアンデルタール人最後の土地がイギリス領ジブラルタル。

そこにある洞窟には「ハッシュタグ」という描画が残されていました。


 

 

海を隔てた向こうは人類の故郷アフリカ。


ネアンデルタール人最後の一人はとてつもない孤独の中、
海の向こうアフリカを見て、何を思いながら「ハッシュタグ」
を刻んだのか・・・
それを思うと少し悲しくなります(T_T)

 

しかし、ネアンデルタール人から
受け継いだものもあります。

以前のブログで「旧人たちの子孫と混血することなく
それに取ってかわった」と書きましたが、
なんと現代人のDNAのなかに2%ほどネアンデルタール人の
DNAが混ざっているそうです。

ちなみに人類最初の戦争はサピエンス同士だったのでは
といわれています。
ホモ・サピエンスとネアンデルタール人、
意外と仲は良かったかもしれないですね!(^^)!

 


Sさん、チョコありがとうございました。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

もりもり、大盛り

今回のブログは、たま~にやってる食レポ企画です。

 

 

 

●ブタキング・・・「豚ラーメン」

二郎系のラーメンです。100gのチャーシューが3枚あるのに
ヤサイマシにしてしまい、汗だくでメガネを曇らせながら食べて、
食後は動けないくらいお腹いっぱいでした。

 

 

 

●キャロル・・・「ダイナマイトパワーランチ」

夜でも食べられるランチです(笑)
おかずはハンバーグ、チキンカツ、目玉焼き、サラダと
ボリューミーですが、1番注目してほしいのはご飯です。
奥のみそ汁のお椀と比べると大きさがわかると思いますが、
大きな丼にいっぱい入ってます。これもお腹いっぱいでした。

 

 

 

●味処酒房なかむら・・・「スペシャルヒレカツ定食」

こちらのご飯は小ぶりの茶わんでしたが、カツが山盛り。
上の1枚を食べると、

下にもカツがあります。肉の総重量は500g~600g
とのことで、ここもお腹がいっぱいになりました。

 

 

 

 

●大衆中華 宝来・・・宝来定食C(ブタ肉キャベツみそ炒め)

ご飯(これで普通盛り)もおかずもボリュームがすごいです。
少し食べてお腹が落ち着いてきたな~というところからが
通常の一人前の量です(笑)
だからみなさんライス小で頼んでました。
おばちゃんがお客さんのいるテーブルでニンニクの皮を剥いていたり、
レジが動かず会計できなかったり、いろいろな意味で
大衆中華屋さんでした。
ほっこりしたうえ、お腹もいっぱいになりました。

 

最近は食欲が止まりません。
第2弾の大盛り企画をお楽しみに(^.^)/~~~

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

こんにちは2020

みなさんあけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

いよいよ東京オリンピックですね。
マラソン・競歩が札幌で観られるなんて・・・
人生最初で最後のオリンピック競技観戦を楽しみます。

 

さて、年末に戦国武将の総選挙をやっていたので
今回それをご紹介したいと思います。

 

第10位・・・石田 光成
光成と言えば、秀吉の「三献の茶」や大谷吉継との「茶の友情」など
何かとお茶のエピソードが多いですね。

 

第9位・・・明智 光秀
光秀は頭脳明晰で行動にぬかりがなかったので、信長は「用心深くて
油断のならない奴じゃ」と思っていたそうです。

 

第8位・・・黒田 官兵衛
官兵衛も切れ者で、本能寺の変で秀吉に天下取りの好機と進言、
毛利との交渉もまとめたので、逆に秀吉から警戒されています。
先の光秀といい、切れ者すぎてもダメなんですね。

 

第7位・・・武田 信玄
信玄は若いころは男女を問わぬ色恋と酒に溺れる毎日を過ごすほど怠惰で
享楽家でしたが、家臣が離反したことは生涯一度もなかったそうです。

 

第6位・・・豊臣 秀吉
信長の家臣だったころの殿への気配りと天下人となってからの金と権力の
亡者となった性格のギャップが激しすぎます。
ちなみに、草鞋を温めたエピソードは創作だったようです。

 

第5位・・・徳川 家康
家康は六歳のとき、今川家に送られる途中で継祖父に銭五百文で織田に売られ
その後、織田と今川の人質交換で今川家へ送られたそうです。
なんですかね、この二度手間。一番儲けたのは継祖父ということでしょうか。

 

第4位・・・真田 信繁(幸村)
「日本一の兵」と呼ばれ、家康を最も追い詰めた信繁ですが、
大坂の陣まで無名で、入城のとき山伏と勘違いされ止められたそうです。

 

第3位・・・伊達 政宗
日本で初めてステーキを食べたそうです。戦国最後の大物で、
あと二十年早く生まれていれば天下を取ったとも言われています。

 

第2位・・・上杉 謙信
謙信には女性説というのがあるのですが、妻がいた史料が最近見つかったので、
男性とのことです。う~ん、残念。

 

第1位・・・織田 信長
予想通りの信長でしたね。その死の真相について毎年新たな説が発表されている
そうですよ。日本史上最大のミステリーですからね。

 

さて、私個人の年末年始はといいますと・・・
人生で初めてタピオカドリンクを飲みました(-_-;)



 

Fさん東京土産ありがとうございます。
美味しくいただいてます。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

さよなら2019

今年もいろいろありましたね。
ノートルダム大聖堂の火災、史上最強の台風上陸、芸能界の薬物汚染、
ラグビーW杯の大成功・・・ですが、
個人的にはディープインパクト安楽死のニュースが一番の衝撃でした。

 

さて、年末といえば、いまや今年に使えなかった画像を
使い切りたいというだけのコーナーとなってしまった
撮ったきり写真集です。
今回も張り切っていきましょう!

 

 

●そのまんま


なんて直接的な商品名。ただ、言葉とは裏腹に
イラストはとても楽しんでるようにも見えます。

 

 

●異世界からの来訪者?


ついに異世界と繋がったかと、
もはやこの世の終わりかという画像ですが、
ゴム手袋をすすいだだけのようです。
でも、フタを開けてこの状態なら恐怖でしょうね。

 

 

●誰でもOK


トイレのピクトグラムらしいのですが、すべての人、
そして人以外の者(物?)にも対応した超優秀なトイレ。
バリアフリーさえ超越してます。

 

 

●ナイスショット


こういう画像は大好きです。歴史と科学の融合、
というのは大げさですね。
目からビームを出しそうです。

 

 

●モルタデラソーセージとボイル野菜のチーズディップサラダ(クルミ入り)


ランチでこのサラダを頼むとサービスでコーヒーと
パンケーキorミニサラダが付いてくるというので、
迷うことなくミニサラダを注文した結果がこのダブルサラダです。
「虫」の異名を持つ私の本領発揮といったところでしょうか。
もはやイナゴにも負ける気がしません。

 

 

おまけ


ちょっと何言ってるかわからない・・・

 

 

今年もたいへんお世話になりました。
来年もアトラスをよろしくお願いします。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

チョコ&バニラ

以前、二度に渡ってチョコレートの危機(2015.6.1と2018.2.19)を
お伝えしましたが、今度は2020年の秋以降に値上がりするかも
しれないとの情報が入ってきました。

カカオ豆の産地国が豆農家の貧困対策として大幅な割増金を
課す新制度を検討しているからだそうです。
日本の業界では「消費者にコスト負担してもらえるだろうか」などと
動揺が広がっていますし、欧州のチョコレート・メーカーの一部は
割増金支払いに消極的とされ、「われわれの大半は、計画が修正されるか
撤回されると考えている」との業界関係者の声もあります。

反応は様々ですが、この制度が行われるのであれば、
途中で搾取されないようきちんと豆農家に渡るように
しっかりとしたものにしてほしいですね。

 

さらに最近ではバニラの価格も上がっているそうで
今では銀の価格よりも高くなっているようです。
(大昔の「胡椒一粒は黄金の一粒」みたいですね^_^)
原因は世界的なオーガニックブームや
中国をはじめとする新興国での需要増加と
主な生産国マダガスカルでのハリケーン被害などの
生産減少です。

ですから日本で市販されているバニラアイスには
「合成香料」や「香料」が使われ、
商品単価がもともと高い洋菓子店など以外では、
ほとんど使用できなくなっています。

そして価格高騰はバニラ生産国に好景気をもたらし、
好景気の恩恵を受ける農家や流通業者が
家電製品やオートバイを新たに購入したり、住宅を新築したり
という良い面がある一方で、
強盗や泥棒、公的機関の腐敗、さらには環境破壊という
バニラブームの闇も作っているそうです。

 

 

チョコもバニラも、今すぐ食べられなくなるわけではないですが、
身近にあった美味しい食べ物が希少価値を持って高級化していくのは
少し寂しいですね。
我々としては冷静に対応していくのが一番だと思います。

それでは、私が最近食べたものを最後にご覧ください。





 

Aさん台湾土産ありがとうございました。
美味しくいただきました。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

言葉遊び

いよいよ雪虫が飛び始めましたが、早くもインフルエンザの流行が
やってきているそうです。みなさん、気をつけてくださいね。

 

 

さて、

最近、新聞のテレビ欄で縦読みなどの言葉遊びがありますが、
そういった興味深く面白いものを集めてみました。

 

まずはこれを読んでみてください。

 

 

 

この ぶんょしう は にんげん は もじ を

にしんき する とき その さしいょ と さいご の

もさじえ あいてっれば じばんゅん は めくちちゃゃ でも

ちんゃと よめる という けゅきんう に もづいとて

わざと もじの じんばゅん を いかれえて あまりす。

 

 

 

 

どうですか?
言葉はめちゃくちゃなのに、意味はわかったのでは
ないでしょうか。文章の通り最初と最後の文字が
合っていれば読めてしまうそうです。
きちんと漢字を使って書くと、

 

この文章は人間は文字を認識する時、
その最初と最後の文字さえ合っていれば
順番はめちゃくちゃでもちゃんと
読めるという研究に基づいて、
わざと文字の順番を入れ替えてあります。

となります。

 

 

次はこれを見てください。

 

 

十一月同窓会十一月同窓会十一月同窓会十一月同窓会十一月同窓会
十一月同窓会十一月同窓会十一月同窓会十一月同窓会十一月同窓会

会窓同月一十会窓同月一十会窓同月一十会窓同月一十会窓同月一十
会窓同月一十会窓同月一十会窓同月一十会窓同月一十会窓同月一十

十一月同窓会十一月同窓会十一月同窓会十一月同窓会十一月同窓会
十一月同窓会十一月同窓会十一月同窓会十一月同窓会十一月同窓会

会窓同月一十会窓同月一十会窓同月一十会窓同月一十会窓同月一十
会窓同月一十会窓同月一十会窓同月一十会窓同月一十会窓同月一十

 

あれっ!?
フォントの関係かあまりそう見えないので
こちらの画像をどうぞ。

 



 

「十一月同窓会」という単語を並べただけですが曲がって見えませんか?
なぜこう見えるのか詳しいメカニズムはわかってないそうですが、
見れば見るほど曲がるのが気持ち悪いです。
具合が悪くなる前に次にいきましょう。

 

 

言葉遊びといえば回文ではないでしょうか。

 

●夜鳴くなよ柴犬。居場所なくなるよ(よるなくなよしばいぬ。いばしょなくなるよ)
●任天堂うどん店に(にんてんどううどんてんに)
●世の中ね顔かお金かなのよ(よのなかねかおかおかねかなのよ)

 

 

他にも昔には短歌の回文もあったそうです。

 

なかきよの とおのねふりの みなめざめ なみのりふねの おとのよきかな
(長き夜の 遠の睡りの 皆目醒め 波乗り船の 音の良きかな)
(現代読み:ながきよの とおのねむりの みなめざめ なみのりふねの おとのよきかな)

意味は
進みゆく船は心地良く波音を立てるので、
過ぎ去る刻の数えを忘れてしまい、
ふっと「朝はいつ訪れるのだろう」
と想うほど夜の長さを感じた。

 

では、最後にこちらをどうぞ。

 

 

幸せになりたいの。
嫌よ、貴方と別々に
なんて…そんなの私
じゃないから。一生
私の愛する人は貴方
だから、おねがい。

 

これを下の行から読むと

 

だから、おねがい。
私の愛する人は貴方
じゃないから。一生
なんて…そんなの私
嫌よ、貴方と別々に
幸せになりたいの。

 

意味まで逆になってしまいます。
誰が作ったのかわかりませんが、みなさんよく考えますよね。



Tさん、名古屋土産ありがとうございました。



Sさん、シティハンター土産(笑)ありがとうございました。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ざんねんながぞう事典

みなさん、夏カゼはひいてませんか?
気温の変動が激しいこの時期も体調を崩しやすいですよね。
そんなときはカイロプラクティックです。
免疫力の低下によっておこる体の不調を
カイロプラクティックの骨盤矯正を含めたほぐしと矯正で
免疫力を高めて改善しましょう。

 

さて、最近「ざんねんないきもの事典」という本が流行っているそうです。
動物たちのちょっと残念な一面を魅力として伝えることで
より愛おしく感じるようになる事典で、販売累計100万部を突破
したようです。

流行りにはなんでも乗っかるタイプなので、さっそく今回のブログで
「ざんねんながぞう事典」としてやっていきます。

 

 

 



しゃっぽろラーメン、とは惜しいですね。
「札幌ってなんて読むんだい?」という問いに対して
「しゃっぽろ、です」と答えてしまったのでしょうね。
その情景が目に浮かびます。

 

 

 



昨今の芸能界の薬物乱用はこの教室のせいでしょうか?
手書きの訂正が焦りを物語ってますね。

 

 

 

 

 



これは猫あるあるなんだそうですね。
私は飼ったことがないのでわからないのですが・・・
でも「そっちかい!」と突っ込みたくなります。

 

 

 

 



これはなにかといいますと・・・



もとはこういう愛くるしい人形?でした。

今年の暑さなら溶けてしまうのも仕方ないですが、
あまりの形態の違いに人形本人も驚きを隠せない表情ですね。

 

 

 

 

 



焼く前のなんと美味しそうなことか・・・

 



焼いた後のなんとおぞましいことか・・・

いい具合に口から何かが出ています(笑)
狙ってもなかなかこうはいかないのでは。

 

いかがでしたか。
個人的には最後のクッキーが一番でした。
食べ物って見た目も大事なんですね。
いずれ第2回を開催いたします。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

BBQと悲しい知らせ

今年もBBQができました。



肉もお酒もありましたが、やっぱりメインは去年に引き続き
子どもたちと遊ぶこと!

飲食もそこそこに、今回はすぐに公園に行って、ブランコ、鉄棒、
ジャングルジム、ドッジボール・・・などなどたくさん遊んできましたよ。
天気予報は午後から雨で、空も厚い雲に覆われてましたが、
なんとか降らずにすみました。

家に帰ったら酔いか疲れか、夜8時には眠ってしまいました(笑)

 

 

話は変わりますが、7月30日は私にとって間違いなく今年1番のニュースが
飛び込んできました。
それは、ディープインパクトの突然の死。
もともと体調が良くなかったようで、今年の種付けも途中で中止して
復帰を目指しているところでした。

不幸というのは続くものなのでしょうか。
その10日後の8月9日にはキングカメハメハも死んでしまいました。
こちらは種牡馬生活を引退した1か月後のことでした。

子どもたちのJRA勝利数が歴代2位のディープインパクト(約1900勝)と
歴代3位のキングカメハメハ(約1800勝)でしたから、1つの時代が終わった
と言えるのではないでしょうか。

2頭とも競走馬としても種牡馬としても偉大な名馬でした。
心よりご冥福をお祈りいたします。



2014年のGWに見たディープインパクト。

 



Aさんの韓国土産と



Kさんの宝塚土産。
スタッフで美味しくいただきました。
ありがとうございました。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ぎょうざ、ギョウザ、GYOZA、餃子・・・

今回のブログはみんな大好き「餃子」のレポート。
それでは、早速参りましょう。

 

 

餃子製造所・・・「製造所定食」

大きい餃子2個とザンギ1個の定食です。
ここのおすすめポイントは、なんといっても具だくさんのみそ汁で、
お椀も大きく野菜もたっぷり入ってて飲みごたえ抜群、大満足でした。

 

 

 

紅虎餃子房・・・「大餃子定食(8個)」

ここはとにかく女性客が多かったです。
近況報告(愚痴??)などの会話をしている人たちでいっぱいでした。
食べ終わったあともゆっくりしたいならここがおすすめです。
男1人で行った私は会話する人もおらず、そそくさと出てきました。

 

 

 

 

 

ラーメン味坊・・・「ジャンボ餃子定食(20個)」


なんとライスが大盛り、しかもお茶碗ではなく丼できました。
餃子の端がなかなかに焦げているのが町の大衆中華屋さんという感じで
味がありました。

 

 

みよしの・・・「ジャンボ定食(18個)」

20代のころはこんなの余裕でペロリと平らげてたんですけどね(-_-;)
いまではお腹がパンパンです。
私が子供のころは餃子食べ放題の「サービス定食」というメニューがあって
大人になったらチャレンジしたいと思っていたのですが、
いつのまにかなくなっていました。
付け合わせのキャベツの浅漬けも食べ放題でしたよね。

 

さて、いかがでしたか?
まだまだたくさんの餃子屋さんがあるので
もしかしたら第二弾もあるかも・・・

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ちょっといい話

先月、沖縄の高校生が伯父の葬儀のために
与那国島へ行く航空券代6万円を入れた財布をなくしたところを
見知らぬ男性に助けてもらったニュースを知ってますか?

気が動転していた高校生は恩人である男性の連絡先を聞き忘れてしまったため、
地元の新聞社に男性を探す記事の掲載を依頼しましたが、
その後、貸主が見つかって、高校性は借りた6万円と授業で作った文鎮を、
貸主の男性は「もうなくさないでね」と言って新しい財布を贈ったそうです。

(イメージ写真)



 

こういう話は心が温まりますね。

 

 

 

いい話をもうひとつ。

奥さんを亡くした男性が葬儀のあと、故郷の寺に納骨するため
飛行機に乗ったときのこと。

遺骨を機内に持ち込めることは知っていたが、バッグが大きかったため、
搭乗手続きの際に中身を伝えた。
上の棚にバッグを入れて席に着くと客室乗務員がやってきて、
「隣の席を空けております。お連れ様はどちらですか?」と聞いてきたので
男性が「上の棚です」と答えると、乗務員はバッグごと下ろしてシートベルトを締めた。
飛行中には「お連れ様の分です」と飲み物も出してくれた。
最後に2人でいい“旅行”ができたと男性は言ったそう。

(イメージ写真)



泣けてきます(T_T)

 

 

最後はサプライズな話を。

去年10月12日、チェコ・プラハで行われた「第42回世界オセロ選手権」で
優勝した小学5年生の福地啓介六段が乗った帰国便でのこと。

機長からアナウンスがあり、
「第42回世界オセロ選手権がチェコのプラハで開催されました。
その世界チャンピオンにこの飛行機をご利用いただいております。
今回のチャンピオン、最年少優勝記録11歳という快挙でございます。
このお話をお客様ともシェアしたく少々お時間をいただきました」

続けて、

「実を申しますと、以前の記録は私自身が1982年に打ち立てた15歳という記録。
今回、大幅な更新でございます。大変な快挙でございます。
また、女子世界チャンピオンにもご搭乗いただいております。
なお団体戦、日本は14年連続優勝ということで、オセロの世界で日本は大変有名でございます。
あわせてご紹介いたします。お時間いただきまして、ご清聴大変ありがとうございました」
と話しました。

実は、この便で機長を務めた谷田邦彦さんは、
1982年の世界オセロ選手権を15歳で優勝した当時の最年少優勝記録保持者。
その後、大学を卒業したあとはANA(全日空)に入りパイロット(現在は機長)に。
そして、福地六段ら日本選手団がプラハからドイツを経由して
ANA機で帰国する便で、谷田さんが機長を務めたそうです。

(イメージ写真)



こんな偶然もあるんですね。

 

 



Fさん東京土産ありがとうございました。
スタッフみんなで美味しくいただきました。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > 松山の日記 Archive

Search
Feeds