Home > 松山の日記 Archive

松山の日記 Archive

消えたお菓子たち

森永チョコフレーク(1967~)が2019年12月で販売終了するそうです。

その理由はスマホを触れなくなるから・・・時代ですね。
そこで今回は、販売されなくなったお菓子たちを集めてみました。

 

 

コーヒーガム(1963~1990)・クィッククエンチガム(1978~1992)
スウィーティガム(1995~2006)

数年前にロッテのチューイングガムを対象にした
「懐かしのチューインガム総選挙」を行った結果、
1位は「コーヒーガム」
2位は「クイッククエンチガム」
3位「スウィーティガム」
となり、この3種類が数量限定で復刻販売してました。

 

 
サイコロキャラメル(1927~2016)

販売されて以来、明治とともに長い歴史を歩んできており、
パッケージの「1の目」は同社の社章でした。
現在では北海道限定商品として販売されているのは
一説によると、水曜どうでしょうがあったからと言われています。

 

 

 

 

ポポロン(1976~2015)

こんがり焼き上げた一口サイズのシューにチョコクリームが入っている
シュースナックです。サクサクしてあまりの軽さに
食べた気がしませんでしたが、当時の販売価格は200円!
かなり高級でなかなか食べられませんでした。

 

 

 
カール(1968~2017)

麦わら帽子と口ひげ、首に巻いたタオルがトレードマークの
カールおじさんでお馴染みのお菓子。
現在カールは西日本限定のお菓子となっていて、
販売エリアを縮小しただけでなく、フレーバーも整理され、
現在は「カールチーズあじ」と「カールうすあじ」のみが販売されています。
明治ではカールを日本初のスナック(日本初の菓子ではない)として公表しています。

 

まだまだたくさんのお菓子たちがいたのですが、多すぎて書ききれません。
次回に続くかも!?

 

 





Sさんからの韓国土産とKさんからの横浜土産。
両方美味しくいただきました。
ありがとうございます。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

万引き防止ポスター

先日とあるお店でこんな万引き防止ポスターが貼ってありました。


(実物ではなくイメージです)

フクロウは首が一周360°まわるイメージからこのポスターを作ったと思いますが、
じつは左右それぞれ270°までしかまわらないそうで、
正面を12時とすると時計回りで9時、反時計回りで3時の方向を見るのが限界のようです。
これはこれですごいですが・・・

これを可能にしているのは頸椎(首の骨)で、人間は7個に対しフクロウはなんと倍の14個!!
なので、それだけ関節の可動域が広くなります。
ですが、肝心の視野は狭く人間200°に対しフクロウは110°で視線も動かせません。
その分首がまわるということでしょうか。

そしてこの振り向きを可能にしているもう一つの特徴が、
首をまわしたときに血流をキープできるよう
血管が袋のように変化し血流をためる仕組みで、
これによって血管が詰まることがありません。

ですが、これでは普通に万引きを監視しているだけですので
首を動かすことなくすべての範囲を見ているという
このポスターに相応しい 生物は何か考えてみました。

 

まず、視野が広いと言えば草食動物ですから、馬ではどうでしょう。
しかし、馬の視野は350°ですから10°足りません。
真後ろがどうしても死角となってしまいます。

何かいないかと探していたところ、昆虫は360°見えているそうです。
子供のころ、トンボを捕まえようと真後ろから接近したのに
いつも逃げられていたことを思い出します。
ということでもっとも相応しい生物を使ったポスターはこのようになるかと思います。

(リアリティのあるトンボの写真を使ってポスターを作ろうと思ったのですが、
リアルすぎて気持ち悪かったのでイラストにしました。)

 

ただ、残念なことが一つあり、 トンボは視野は広いのですが、
視力が悪くなんと0.1しかありません。 ですからその現場を目撃しても、
「あそこ、な~んか怪しいなぁ」 程度の判別しかできません(笑) という事で、
そういった弱点を克服したポスターの完成版がこちらです。

あいかわらず雑ですみません。

 

あれこれ考えた結果、やっぱりフクロウが一番しっくりきますね。
森の賢者と言われていますし、あの大きな目で見られると 躊躇し、
思い直してくれる人もいるのではないでしょうか。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

北海道胆振東部地震

今回は予定を変更しまして地震について書きます。
この書き出しで始めるのは熊本地震に続き二度目、
私のブログは不思議と地震に縁があるのかもしれません。

9月6日午前3時7分ごろに起きた北海道胆振東部地震は
最大震度7、これは北海道では初観測で
国内でも熊本地震に続いて6度目となるそうです。

今朝のニュースで死者16人、安否不明26人、
ケガ人も300人以上と報道されました。
停電も札幌や旭川など一部で復旧しましたが、
全面復旧には1週間以上かかる見込みとのことです。

今回のこの地震で、震度7が北海道で起きたことや
道内全域が停電したこと、緑豊かだった山が
まるでハゲ山のようになるほどの土砂崩れなど驚くことばかりですが、
なにより自分自身が被災者になるなんて想像もしていませんでした。

そして、電気と水が使えないことがこれほど不便だとは、
本当になってみないとわかりませんでした。

今年は本当に異常気象・災害が多い年で
連日40℃を超す猛暑、
最大震度6弱の6月の大阪府北部地震
死者220人以上を出した7月の西日本豪雨、
関空を水没させた8月の台風21号、
そして今回の9月の北海道胆振東部地震・・・

こうしてみると毎月のように未曾有と言われるほどの災害が起きています。
のちに平成最後の年は災害が異常に多かった年と語られるのではないでしょうか。

最後に今回の地震で亡くなった方のご冥福をお祈りするとともに
一日も早く落ち着き、復興してほしいです。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

いきなりステーキとBBQ

政府は2017年のプレミアムフライデーに続き、
今年は月曜の午前を休みにするシャイニングマンデーを
検討しているそうですが、
もうゲームの技名にしか見えないです。
シャャャイニングゥーマンデーーー!!

 

失礼いたしました<m(__)m>

 

さて、7月は生活が憎々しい・・・ではなく、肉々しくなっていたので
そのお話を少し。

最も行きたかった「いきなり、ステーキ!」のランチ。
ここはいつも混んでいるという話なので、少し時間をずらして
ワイルドステーキ450gをいただきました。


とにかく顎が疲れたそのせいで
店を出てから軽く頭痛がしましたね(笑)

そして「友人宅でBBQ」

写真は中途半端ですが、食べる・飲むより子供たちと遊ぶのがメインとなり
見栄えのする写真が撮れませんでした(>_<)
でも、かけっこ、ボール投げ、公園で遊ぶなど
楽しかったから良いんです( `ー´)ノ
ということで、7月は肉々しい月でした。

 

7月といえば・・・
7/17夕方、札幌市南区の道路脇にヒグマが現れました。
今年は目撃数が倍増しているそうです。
みなさん気をつけましょう。

これは恐いですね。


こんな画像も見つけました。

これはこれで二度見してしまいそうです(笑)

 

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ロシアW杯と社名の由来

今朝のロシアW杯の日本対ベルギー戦を観戦したのですが、
惜しかったですね(>_<)
大会前の評判を覆しての大活躍、観ていてとても楽しかったです。
今大会の日本代表戦は終わってしまいましたが、
ロシアW杯の残りの試合を楽しみつつ、
また4年後の日本代表の活躍を期待しましょう。

 

 

 

さて、私は本が好きでよくジュンク堂書店に行くのですが、
社名の由来を聞くことがあってなかなか面白かったので
今回はそのネタを書きます。

ジュンク堂書店は、企業した社長の父親である工藤淳の名前に由来しているそうです。
クドウジュン ⇒ ジュンクドウ ⇒ ジュンク堂
まるでタイヤメーカーのブリヂストンみたいですね。

 

その他にも調べたらいろいろあったので紹介します。
まずはモスフードサービスの「モスバーガー」
モスバーガーのMOSはそれぞれ、Mountain(山)、 Ocean(海)、Sun(太陽)の頭文字。
山・海・太陽にはそれぞれ、「山のように気高く堂々と」「海のように深く広い心で」
「太陽のように燃え尽きることのない情熱を持って」という意味が込められているそうです。
公式サイトで確認できますがそのページにとぶと、MOSの由来って知ってモス?
とダジャレで出迎えてくれます(笑)

 

お次は化粧品・健康食品でお馴染みの「DHC」
これはDaigaku Honyaku Center(大学翻訳センター)のことで
創業者である吉田嘉明氏(現代表取締役会長)が、
大学の研究室を相手に洋書の翻訳委託業を行ったことからスタートしたから。

 

そしてみんな大好きポテトチップスの「カルビー」
カルビーの社名はカルシウムの「カル」と、ビタミンB1 の「ビー」を組み合わせた造語。
カルシウムはミネラルの中でも代表的な栄養素、
ビタミンB1 はビタミンB群のなかでも中心的な栄養素で、
1955年、健康に役にたつ商品づくりをめざして名づけたとのこと。

 

最後は殺虫剤などの衛生薬品の製造・販売を行う「フマキラー株式会社」
fly(フライ=ハエ)の「フ」とmosquito(モスキート=カ)の「モ」にkiller(キラー=殺す)
を合わせた造語で、発音しやすい様に「モ」を「マ」にしたもの。

私個人としてはフマキラーといえばタモリ倶楽部の空耳アワーの作品、

「よ よ 嫁! ホラホラ 嫁! フマキラーついてるよ」
を思い出します。
この写真もどんなシチュエーションなんですかね(笑)

元々の歌詞は、
yo yo yo man hold it hold it yo man whom I killing tape at guyで、
それが上のような日本語に聞こえますから、
興味があったらYoutubeで見てみてください。
とてもくだらないです(笑)

社名の由来を紹介していたはずが、最後はタモリ倶楽部の空耳アワーの
作品紹介になってしまいました。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ディズニーパレードとプッチンプリン

6/6(水)から始まるよさこいソーラン祭りで今年はなんと
ディズニーのパレードが行われるそうです。
東京ディズニーリゾート35周年スペシャルパレードと銘打って、
10日(日)の18時から大通西5~7丁目のパレード会場南コースで行いますが、
このパレードだけ西5~10丁目までやるそうです。
札幌でディズニーパレードが見られるなんて、
ファンは待ち遠しいでしょうね。

 

ちなみに、あのエレクトリカルパレードのテーマ曲には
原曲があったんですね。
『Baroque Hoedown(バロック・ホウダウン)』という、
電子音楽の先駆者Perrey & Kingsley(ペリー&キングスレイ)による1967年の楽曲がそれ。
てっきりディズニーのオリジナル曲だと思っていたのでビックリです。

 

 

 

さて、話はかわりまして・・・
みなさん、プッチンからの挑戦状をご存知ですか?
プッチン・・・、そう、あのプッチンプリンからの挑戦状です。


Happyプッチンプリンという容量380gの超ビッグサイズのプリンで、
裏にプッチンするためのツマミが4本ついていますが、本物は1本だけ。

遊び心のあるパーティーゲームのような仕様になっています。

企画した狙いは5月5日を「大人も子どもに戻って家族で楽しむ『新こどもの日』」
として提案するにあたり、大人も子どももコドモゴコロを楽しめる企画として立案。
子どものころから親しんでいただいているプッチンとの真剣勝負を楽しんでいただきたいとのこと。
プッチン側からは、一人で食べきれるかの勝負もこっそり挑んでいるそうです(笑)




ネットではなんと逆さにしたらツマミを折る前にプッチンできた人もいたそうです。
これにはグリコも「まったくの想定外です。お客さまの大勝利ですね!」とコメント。
こういった遊び心がなんとも微笑ましいですね。




私松山がプッチンできたのは・・・・4回目でした(>_<)
でも、完食はしましたよ。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

2018のGW旅行

今年のGW旅行はホッカイドウ競馬を見に門別に行きましたが、
第1レースが15:30からというナイター開催でしたので、
それまでに他のところを見て回りました。

 
まずは穂別の博物館。


 

ホベツアラキリュウの全身復元模型が1番の見どころですが、
全長8mもある全身すべてを写真に収めることはできませんでした。


 

その他にもアンモナイトの化石や、


 

別の恐竜の模型など、


 

たくさんの展示物がありましたが、
中でも世界に3体しかない貴重なティラノサウルスの
頭部レプリカはとても大きく迫力がありました。


 

 

 

 

次は平取町二風谷にあるアイヌ文化博物館。


 

衣装や


 

道具、歴史などを見てきました。


そして、ちょうど今TVアニメでゴールデンカムイという明治末期の北海道を舞台にした、
アイヌも出てくる作品を放送していて、博物館にもしっかりコミックスがありました。
私も観てますがなかなか面白いのでおすすめです。

 

 
そして、その後にようやくメインの門別へ行きホッカイドウ競馬を観戦。

ですが、とにかく寒くて4レースしかできず、
戦績は1勝3敗、収支はトントンでした。
最後の第4レースに出てきた面白馬名が「ボクイケメン」

もちろん馬券は買ったのですが、残念ながら8着でした。

 

ボクイケメンの激走を見て門別をあとにし、
冷え切った身体を温めるべくむかわ町の道の駅に併設している温泉
「四季の湯」に入ってきました。
外観の写真がないのは雨が降っていてそれどころではなかったからです(笑)
その後、千歳にある回転寿司「北々亭」で美味しい寿司をいただき
札幌へ帰ってきました。


今年の旅行はとにかく天気が悪く寒かったの一言に尽きますが、
もうネタがなくなってきたので来年以降どうするか、今から悩んでます(>_<)

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

だしの自販機

2017年10月、中央区に3か所設置されたのはなんとだしの自販機!



「だし道楽」の名で500mlペットボトルで2種類を用意しています。
・だし道楽焼きあご入り:焼きあご・昆布入り(500ml)=700円
・だし道楽宗田節入り :宗田節・昆布入り(500ml)=700円
一見すると、紅茶かウーロン茶の自販機にも見えますが、
サンプルの上部に描かれたトビウオの絵が、普通の飲料水の自販機とは違います。

 

広島県江田島市に本社を置く二反田醤油が製造していて、
ペットボトルの中には、焼きあごや宗田節が豪快にゴロンと入っています。




だし道楽40mlに対して水300cc入れるだけというお気軽さで、
この500mlでうどんだしが約13杯作れます。
その他にも、だし道楽はさまざまな料理に対応できる優れもので、

そのまま利用:卵かけごはん・釜玉うどん・冷ややっこ
隠し味で利用:パスタ・みそ汁・野菜炒め・チャーハン
水で希釈して利用:鍋物・煮物・おでん・炊き込みご飯

とホームページに書いてありました。

「手間暇のかかるだしは、敬遠されがちだが、これなら簡単に本格的な味になる。」
「顆粒だしのようなインスタントではないので、日本料理の専門店のような高レベルな味を再現できる。」
という売り文句も一緒に載ってましたよ。

 

 

ということでうどんを作ってみました。


盛り付けは相変わらずですが(笑)、
だし汁の色が薄いから薄味だと思うでしょ?
しっかり塩味がありとても美味しかったです。
他の料理の隠し味としていろいろ使ってみたくなりました。
本当に気軽に使えますので、皆さんもぜひ使ってみてください。

 

だし道楽が設置されているのは以下の3か所。

北3条西2丁目「三井のリパーク 札幌北3西2」
北1条西5丁目「三井のリパーク 札幌北1西5」
大通西5丁目10「三井のリパーク 札幌大通西5第3」

 

その他に札幌以外では
・東京都
・さいたま市
・横浜市
・名古屋市
・大阪府
・京都府
・兵庫県
・岡山県
・広島県
・福岡県
にあるそうで、全国展開しているんですね。

 

 

 


アトラスのクンシランが咲きました!!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

天空の城ラピュタ

先月3月30日、いよいよプロ野球が開幕しました。
本拠地札幌ドームで埼玉西武ライオンズを迎えた
我らが北海道日本ハムファイターズはまさかの3連敗!
早く1勝して波に乗ってほしいです。
そして、新球場の候補地も北広島市に決まりましたので、
北海道全体で日ハムを盛り上げていければいいですね。

 

 
さて今回のブログですが、天空の城ラピュタに出てくるムスカ大佐の発言から
国語表現方法を学んでいきたいと思います。
括弧の中の数字はDVDで観たときにそのセリフが出てくる時間です。

 
「事を急ぐと元も子も無くしますよ、閣下。」(39:19~)
体言止め
文末を名詞で止め、印象を強めたり余情(よじょう)を残したりする。「名詞止め」ともいう。
焦ってシータを拷問にかけ情報を引き出そうとする将軍に対してのセリフです。
物語の序盤、このころはまだまだ冷静なムスカです。



「七百年もの間、王の帰りを待っていたのだ。」(1:43:00~)
擬人法
人間でないものを、人間がしたことのように表し、生き生きとした印象を残す。活喩法(かつゆほう)ともいう。
念願だったラピュタ城の飛行石を見たためか、このあたりから
少しずつ興奮が抑えきれなくなってきて飛行石を人間に例え始めました。



「読める。読めるぞ!」(1:43:27~)
反復法
同じ言葉や、ほぼ同じ表現を二度以上繰り返し、調子を整えたり、感動を強調したりする。リフレインともいう。
一度言えばわかるのに二度言ってますから、よほど読めることを強調したかったのでしょうね。
興奮がさらに増しているのがわかります。



「見せてあげよう。ラピュタの雷を。」(1:45:59~)
倒置法
普通の順序とは逆にして、語勢を強くしたり、言葉に強い印象を与える。
自分が新たな王となったことを知らしめるためのセリフです。
冷静ですが、とんでもないことをやっちゃってます。



「最高のショーだと思わんかね!?」(1:49:41~)
反語法
反対の内容を述べることによって、逆に自分の考えを相手に強く認識させる表現法。
ラピュタの機械兵が逃げる戦艦ゴリアテを襲うシーンでのセリフです。
ここからはその本性を剥き出しにして最低な性格を露わにしていき、
そして、あの有名なセリフへと続いていきます。

 
「見ろ。人がゴミのようだ!」(1:49:46~)
直喩法
「まるで~のようだ」のように、直接的な表現で例える手法。
さきほどのセリフのすぐ後の言葉です。
ここが本性ムスカの最高潮、そして興奮も最高潮で声が裏返ってました。
友達にしたくない人第1位です。



「立て!鬼ごっこは終わりだ。」(1:52:13~)
隠喩法
「…のようだ」などの形を用いず、そのものの特徴を直接他のもので表現する方法
取られた飛行石を取り返すために追いかけたシータを追い詰めたときのセリフです。
大人の余裕を見せつけたつもりが・・・


「目がぁ。目がぁぁ。」(1:55:35~)
省略法
文章の一部分を省略して文章を簡潔にし、味わいや余韻を文章にもたらそうとする表現技法。
いまではTwitterでも呟かれ、祭りとも称されるバルス直後のムスカのセリフです。
あまりの痛さに言葉が続かなかっただけと思いますが、あのムスカですから
味わいや余韻を楽しんでいるのかもしれません(笑)


そしてムスカはこの「目が、目が~!」と悲鳴を上げながら、
崩壊するラピュタと共に海へと落ち死亡したのですが、
海へ落下していく最中に瓦礫が当たっているムスカが
小さく描かれていたことをご存知でしたか?
1:56:50から55のあいだ、画面中央やや右寄りに
瓦礫とともに落ちていくムスカがしっかり描かれていますので、
気づかなかったかたは確認してみてください。

国語表現を学ぶつもりがムスカの興奮と非情さばかりが目立ってしまいました(>_<)


生前のムスカさん

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

藤井聡太くんとランチ

プロ棋士の藤井聡太くんはすごいですね。


最年少棋士記録を62年ぶりに更新してから、
プロデビューからの連勝記録(11連勝)を通過点に
その後も快進撃を続け、デビューから無敗のまま
歴代最多連勝記録(28連勝)も更新して
29連勝を達成したのは記憶に新しいと思います。

 

 

 
先日行われた第11回朝日杯将棋オープン戦でも、
準々決勝で佐藤天彦名人、
準決勝では永世七冠を達成した羽生善治竜王、
そして決勝では広瀬章人八段をくだし、見事優勝しました。

 

 

 

 
さらに8日に行われた王将戦1次予選では
師匠である杉本昌隆七段を破りました。
棋士の間では、師匠に弟子が勝つことを「恩返し」と言うそうです。
15歳にしてすでに恩返しができるとはなんと孝行息子なのでしょう。

 

 

 

 
こんなに話題性のある藤井くんだから、
8日のお昼に何を食べたかまで話題になり
「この日は親子丼でした」とニュースになってましたよ(笑)

 

 

 

 

 

奇遇にも私も先日ランチに行ってきました。
2017年2月20日のブログに書いたススキノの根室食堂に
再び行こうと思いましたが、なんと、去年の12月29日で
リニューアルを伴う一時閉店になっていました。
そのかわり1月9日から「海鮮問屋 魚のあんよ ススキノ店(南5西4)」
という姉妹店で海鮮丼バイキングが始まっていたので、
そちらに行ってきました。


前金清算で先にお金を払って食べ放題スタート。
海鮮丼のネタはマグロ、カツオネギニンニク、
サーモン、タコ、エンガワ、タラコなど15種、
サイドメニューはザンギ、さわら西京焼き、
サバの塩焼き、サラダ、みそ汁など
こちらも充実していました。

始めは海鮮丼




相変わらず装い方が雑、いや、豪快な男の海鮮丼です(笑)

 

二度目は刺身でいただきました。


で、何が一番美味しかったかというとなんと、おでん!
餅入り巾着の出汁の染み込み具合がまたバツグンでした。
ちゃんと二度とも取ってきてるでしょ(笑)
これで90分880円はなかなかお得でした。
皆さんも機会があったら行ってみてください。

 

Yさん差し入れありがとうございました。
スタッフで美味しくいただきました。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > 松山の日記 Archive

Search
Feeds