Home

アトラスブログ

防弾少年団

最近、私がかつてハマっていたK-POP熱が再燃しております。
その原因は、巷で話題の韓国の7人組ヒップホップユニット「防弾少年団(バンタン)」。
皆さんはご存じでしたか?
まず名前のインパクトがすごいんですが(笑)彼ら、とにかくすごいんです。笑
どれだけすごいのかといいますと

・アルバム「WINGS」はビルボート200に韓国歌手至上最高位である26位でランクイン。
世界97ヶ国の音楽ランキングで1位に!
・5月にリリースさされたシングル「血、汗、涙」は初週約23万枚のヒット
(日本デビューから2年11ヶ月でのシングル週間売上20万枚突破は、
海外アーティスト歴代最速。)
・昨年3月に、ForbesがTwitter設立10周年を記念して発表した
「ここ30日間で最もリツイートされたアーティスト」で、
カニエ・ウェストやジャスティン・ビーバーを押え、
約539万リツイートを獲得して世界中で1位になったことがある

、、、とこのように記録記録の快進撃なのです。

防弾少年団の1番の魅力、それは強烈なダンスパフォーマンス。
デビュー曲の練習時間にいたっては1日に約15時間近くに及んだそうですが
ダンスのキレとシンクロっぷりが素晴らしいんです。
K-POPは振付けが素晴らしいと思っているのですが、
バンタンの振付けがまたカッコイイんです。

最後にメンバーを紹介して終わりたいと思います。

 

ジミン
入学することさえ難しい釜山芸術高等学校の舞踊科に主席で入学し、舞踊科の新星と呼ばれた。
一番の努力家で、他のメンバーに迷惑をかけないようにと毎日3時間睡眠でずっと練習していた。
今ではダンス担当としてセンターに立つまでになった。

ジン
イケメンなのになぜか愛称はテジン(テジが韓国語で豚という意味)
ジョングクが事務所に入ったときジンを見てこんなイケメンがいるのかと思ったそうです。

ジョングク
練習生の時にプロデューサーからダンスに感情がないと言われ、LAにダンス留学をした。
そんな過去があったんだと思う位めっちゃダンス上手いです!!!
ジンを褒めてますがジョングクもかなりイケメンなんです。

ラップモンスター
リーダー。
学生時代は常に成績トップで模擬試験では全国で上位1%になったこともある秀才。
IQは148で脳セク(脳がセクシー)といわれているがダンスも歌も苦手。
プロデューサーからお前はもう歌を歌うなと言われたらしい。
リーダーなのに、、ラップモンスターなのに、、笑

シュガ
他人には無関心だと自分で言うほどクール。なのに、、
くまモンが大好きでくまモンのグッズがいっぱい。笑
以前くまモンと対面した時の興奮はハンパなかった。

ブイ
行動がぶっ飛んでおり予想つかないことから四次元と呼ばれている。
「僕がお母さんから生まれる前はお父さんの中にいた」と発言。

ジェイホープ
芸名の通りグループで「希望」を担当している。笑
いつも騒がしく、明るく、おバカなことをして笑いを取るムードメーカー。
メンバー曰くカメラが回っていないところでは静からしい。
1番ダンスが上手い。メンバーにダンスを教える時は恐いらしい。
顔が長いとよく言われメンバーが測ったところ、27cmという結果にショックを受けた。


 

以上、女子か!とツッコまれそうな位にバンタンにハマっている中村(治)でした(笑)
肩こり、腰痛、むくみや冷えでお困りの皆さん、
そしてバンタンファンの皆さん(笑)のご来院を心よりお待ちしております!


阪神タイガースの始球式にも登場

スポーツの秋

今日は体育の日。
一年のうちハッピーマンデー法及び移動祝日で定められた祝日では
最後の祝日に当たります。
以前よりよく一番晴れの多い日と言われていますが、
じつは14日が一番多い日なんだそうですよ。

 

 

そんな体育の日にちなんで、今回のブログはスポーツの話題を書きます。
先日のお休みに、2011年以来6年ぶりとなる札幌ドーム
日ハム観戦に行ってきました。

 

この日は20年間日ハムでプレーした飯山選手の引退試合。

35,615人のファンがそのプレーを見守りました。

 

途中出場したのは8回表の守備からでポジションはショート。

遠すぎて豆粒くらいにしか見えませんでした(笑)
守備機会が得られないまま1アウト1、2塁になり、試合の流れが
オリックスに傾きかけたそのとき、セカンドゴロが・・・

田中賢介選手から飯山選手、そして1塁の中田選手にわたり
見事な4、6、3のダブルプレーに。
これぞ守備職人、飯山選手の真骨頂でした。
この瞬間、球場は大盛り上がりでしたね。

8回裏に打席がまわってきましたが、ここはレフトフライで
最後の打席も飯山選手らしかったです(笑)

そして、9回表のオリックスの攻撃で最後の3アウト目は
なんと飯山選手のいるショートにゴロが・・・
きっちりさばいて守備職人らしい最後をみせてくれました。

試合は無事日ハムが勝ち、いつ以来になるかわからない
勝ち試合を観れました(笑)

試合後は飯山選手の引退セレモニーで、
笑いあり涙ありのとても素晴らしいセレモニーでした。


 

 

 

そしてもう1つ、10月1日には競馬の凱旋門賞がありました。
日本の期待を背負ったサトノダイヤモンドとサトノノブレスは
15着、16着と完敗でした。
勝ったのはG1レースを4連勝中の怪物牝馬と言われていた
1番人気イギリス馬のエネイブル。

そのエネイブルのまぁなんと強かったことか。


来年からは改修の終わったロンシャン競馬場での開催です。
やっぱりロンシャンで勝ってこその凱旋門賞制覇だと思いますので
来年以降に期待しましょう。

 


ディズニー土産のマシュマロをいただきました。
Kさんありがとうございました、美味しかったです。

ホットペッパー撮影(*^-^*)

先週は台風が過ぎたというのにもかかわらず、
大気の状態が不安定でウソみたいな雨の中、
コントみたいなびしょ濡れでロードバイクと
一緒に仲良くに帰宅しました田中です(笑)

 

あ、ちょっとボンビーガールのナレーション意識しちゃいました(笑)

 

さて、先日何カ月ぶりのホットペッパービューティーの
写真撮影をしたのでお伝えしたいと思います!!

 

今回モデルをしていただいたのは、
長年の患者さんで田中の友人でもあります
Aさんにわざわざ来てもらいました。
Aさんありがとうございます<m(__)m>

 

久々の撮影とあってなのか、元々笑顔のセンスが無いなのか(笑)、
まあ、みんなこうもできないかというくらい
モデルのような笑顔が全く作れません(笑)

 

こちらが満面の笑みをしてるつもりでも
女性カメラマンに、

 

「はい、もうちょっと笑顔出来ますかーー?」

 

とか、

 

「もう少し口角の方を上に・・・」

 

など何回も言われて、おじさんたちはもう
どんな顔していいのかさえわかりません(笑)
それでも何とか人工的な笑顔で難問をクリア(>_<)

 

そして今回初めてちゃんとした撮影風景を
目の当たりにした治幾君はといいますと、、、

 



 

普段見慣れない光景に興味津々(*^-^*)
ただ、1シーン撮ってみるか?とちょっと振ってみますと・・・

 

 

 

 



 

まさかの口を真一文字のすっかり緊張モード(笑)(笑)
自分に来るとは思っていなかったのでしょう・・・
さっきまで前で組んでた手がしっかりと後ろに隠されています(笑)

 

諸先輩方のこれでもかというひきつり笑いを
散々見てきたのもあってなのでしょう、
彼なりに一所懸命にやっていましたよ(*^_^*)

 

ただ、そんな彼に一つ言っておきたいことがあります。
それは・・・

 

 

 

 

 

 

 

治幾君、残念ながら君のは顔が入らないショットですから(笑)(笑)

 

その写真を是非見たい方は、ホットペッパービューティーで
アトラスのところを見てみてください((+_+))

 

 

 

 



 

写真は患者さんからいただいた差し入れです!
いつもいつもありがとうございます<m(__)m>
これから徐々に寒くなるらしいので、
まずは体調管理万全にしてくださいね(*^_^*)

 

 

MONOEYES@ZEPPSAPPORO

先日、久しぶりにライブに行って来ました。
活動休止中のバンド・エルレガーデンのカリスマボーカル、
細美さん率いるモノアイズというロックバンドです。

いいライブでした。
この日はミサイルが北海道を通過して行った日でした。
MCでギター・ボーカルの細美さんが
「Jアラートを見て宿泊しているホテルのバスルームに逃げた」と
話すとギターの戸高さんも「俺も」と。
緊迫した状況ではありましたが、メンバーの二人がとっさに取った行動が全く同じだった事に、
思わず客席からは笑いが。
細美さんは「取り敢えず今だけは楽しもうぜ、で、終わったら皆(今日の事について)ちゃんと考えよう!」と言っていました。
このミサイルの問題、、かつてない非常事態であることに間違いないとは思うのですが、
正直あまり実感が湧きません。
ただ、平和であること、何事もない日々というのは当たり前ではなく
有難いことなんだという気持ちにはなりました。

このMCからもお解り頂けたかもしれませんが、
この細美さんはもの凄く熱い人なんです。
サッカーで言う本田、テニスで言うと松岡修造、、、
と言っても過言ではありません。
人によっては「惚れて舞うわー」、人によっては「なんや暑苦しいですわー」
「この人えらい自分に酔ってはりますわー」と
好き嫌いが分かれる存在だと思いますが、僕は前者です。変な趣味はないですが(笑)

もう10年以上第一線でやっているにも拘らず、全国ツアーは車2台で移動。
しかも自分で運転するんだそうです。
そしてすごいのがチケットの安さです。
何とZEPPで2600円。同じZEPPで7千円取るアーティストもいる中
その半分以下という驚きの金額です。
昔、あまりに食べれなくて隣の部屋に盗みに入ろうと思ったことがあるそうで、
(学生など若いファンも多いので)「すまねえ、みんな。そんな思いしてきてくれてありがとう」との思いから、「偉い人とケンカしてもそこ(チケット代を上げないこと)は譲れない」というのです。
ライブ中はファンの事を「お前らみたいなバカ」(笑)と普通に言います。
完全にツンデレです。笑

そしてこの細美さんはボーカルとしても凄いんです。
何がすごいかというと英歌詞の曲が多いのですが、英語の発音が、
びっくりする位上手いんです。
初めて歌を聞いた時は洋楽だと思ったほどです。
YOUTUBEのコメント欄には英語でのコメントも多いのですが、
「ビデオを見るまで彼らが日本人だとは思わなかった」とか
「ほとんどの英語のバンドより英語がうまいんじゃないの?」
などの言葉が並んでいます。

エルレガーデンを知らない方、興味のある方は、YOUTUBEなどで一度聞いてみてください!
勉強法は「同じ洋画を20回観る」だったそうですが、
ホントに?って感じです。笑

では最後にそんなかっこいい細美さんに僕が唯一「えっ?(笑)」となった
ローリングストーン誌のインタビューの一部を抜粋し紹介して終わります。

─はい。やっぱりそこは変わらないんですね。

昔、名古屋でかな、売れてない頃に、
メジャーのバンドと対バンした時にスタッフが弦を替えてるのを見て、
「てめえがその夜弾く楽器の弦を自分で替えられなくなったら終わりだな」って思ったのをよく覚えてる。
で、その時いたおっさんに、そのまま言ったの。
そしたら、「お前、売れた時に同じことが言えなかったら偽物だぞ」って言われて。
言えるわ、ボケ!と思って。

─そこも変わらずやってる。
いやいや、弦は替えてもらってるよ(笑)。

─えぇ(笑)?

でも、弦の替え方がわからないヤツにはなってないよ。

、、、替えてもらってるんかーい(笑)。以上です

 


MONOEYES 細美武士

台風18号と懐かしの飲み物

大型台風18号が北海道に接近しています。
暴風域は3時で一度無くなりましたが、
再び発達して6時にまた出現しました。

今後は次第に温帯低気圧の性質を帯るため、
暴風域や強風域が広がり、台風の中心から離れた地域でも、
暴風や強風に警戒・注意が必要です。

台風が過ぎた後もまだまだ安心できませんね(>_<)
みなさんお気をつけて!

 

 

 

さて、今回のブログは懐かしの飲み物を3つ紹介します。
と言っても3つともすべて現役バリバリですから、
私にとっての「懐かし」ということになります。


1つ目はミルミルです。


 

ミルミルは子供の頃、家に宅配ボックスがあって、
そこから出して飲んでいた記憶があります。

そうそう、懐かしい・・・こんなやつでしたね。

内容量は100mlでしたから子供ながらに少なかったですね。
ヤクルトも好きでしたがあちらはさらに少なく65mlでしたから、
大人になったらいつか大量に買って大人飲みするんだと思ってましたが、
未だに実現していません(笑)
ただ、今では似たような味で500mlの容量がある
ビックルやピルクルがありますからそれを飲めば・・・
済んでしまうということもありますね。

 

 

 

2つ目はカルピスです。


 

私にとってカルピスは夏のイメージなのですが、
それはキンッキンに冷やして飲んでいたからでしょう。

カルピスでよく飲んでいたのは水割りではなく牛乳割り。
水で割るときより少ない量で割るのに、水よりもカルピスの味が楽しめます。
水割りと同じくらいの量ですと甘すぎて飲めません(笑)

カルピスは飲んだときに口の中に白い塊ができてしまうのですが、
あれは、「カルピス」の中に含まれるカゼインというたんぱく質と、
唾液に含まれる「ムチン」という成分が反応してできた白い塊なんだそうです。
唾液の中の成分には個人差があるため、
凝集物のできる人とできない人がいるとのこと。
私はできていたのでムチンがあったのでしょう(笑)
この凝集物はからだに悪い影響を与えるものではなく、
胃の中で胃酸により溶かさるので心配ないです。
最近のは出来にくくなるようにしているんだそうですよ。



カルピスで気になるのはカルピスバターなるものがあるらしいです。


1963年(昭和38年)より発売開始されましたが、
一般に発売されたのは1981年から。
大量生産はできないことと積極的な広告などもほとんどされなかったことから
「幻のバター」とも呼ばれているそうです。
一度食べてみたいですね。

 

 

そして、最後はミロです。


ミロはココアだと思ってましたが、正確には麦芽飲料なんだそうです。
麦芽飲料とは、発芽した大麦の粉末に
甘味料、コーヒー・ココアなどの香料や乳製品などを加えたもの。
ココアも入ってましたが、また別のものだったのですね。

ミロの名前の由来は2600年位前に、
ローマにミロンという大変力持ちの運動選手がいて、
彼は古代オリンピックのレスリング競技で、6回も優勝したといわれています。
そのミロンにあやかり、「強い子に育って欲しい」という願いを込めて名付けられたそうです。

 

そして、私的にはミロと言えばバッタです。
虫かごが壊れた時に代用として中に捕まえたバッタを入れましたが、
逃げないように蓋をしていまい翌日には酸欠のためかお亡くなりになってました。
バッタさん、あの時はごめんなさい。
来世で頑張ってください!

 

カルピスもミロも以前は瓶に入っていましたが、
今ではペットボトルとプラスチックの袋ですからね。
時代を感じますし、もうバッタも入れられませんね。

最後はカルピスの絵で締めくくりたいと思います。

オータムフェスト2017(*^-^*)

みなさん、とうとう秋になりましたね。
秋と言えばもちろん田中は・・・

 

食欲の秋(笑)

 

というわけで今年もオータムフェストに
行ってまいりました!!

今回じつは隠れた名店と知られ、
前から気になってたあの店が初出店したのです!
そのお店は・・・

 

 

 

 

『塩トンコツラーメン 嶋』なのであります!

 

場所は道南の乙部町にあるのでなかなか行くのも困難。
それが札幌でいただけるなんて行かないわけにいきません(笑)

 

さっそくお昼やや遅めの時間を狙って
まずはラーメンチケットを購入、
狙いが当たったのかそこまで混んでおらず
並ぶことができました(*^^)v

ややカミカミではありましたが(笑)
威勢の良いお店のスタッフさんの掛け声を聞く中、
ラーメンの登場です!!

 



 

どうですか?このとんこつ独特の乳白色が
めっちゃそそりますよね?
しかも下処理をしっかりしているのかとんこつ臭は
全くと言っていいほどしません。

いざ実食してみますと、、、

 

 

う、うまい!(^^)!

やはりとんこつ臭は無いのですが、
しっかりうま味が凝縮されてる感じです!
しかもそれでいて後味もかなりあっさりしてる感じです!!
しっかりスープまで完食しちゃいました(笑)
これならとんこつが苦手という人でも
いけちゃうと思います(*^-^*)

 

ちなみにこちらのお店は13日水曜までと
なっていますので、みなさま食べたい方は
早めに行った方がいいですよ!!

 

 

 

 



 

写真は患者さんからのお土産です(*^▽^*)
いつもありがとうございます<m(__)m>

食欲だけではなく、スポーツ、芸術の秋も
満喫したいと思います(笑)

 

 

突破!

見事、見事、サッカー日本代表がオーストラリアを2-0で下し、
6大会連続6度目のワールドカップ出場を決めてくれました。

初戦敗退したらW杯に行ける確率0%、
そして相手はこれまで勝ったことがないオーストラリア。
もし負けたら残すは日本が非常に苦手としている
酷く暑い中東でのサウジ戦。
これは下手するとワールドカップ行けないかも、、

そんな中で嫌なジンクスを見事吹き飛ばしての
クリーンシートでの勝利、素晴らしかったです。
南米王者チリと引き分けるなど、
かなり良いチームに仕上がってきていたオーストラリア。
本田・香川の両エースもコンディションはあまり良くなく
スタメンかも微妙、勝つのは難しいかな、と正直思っていましたが、
ハリルホジッチ監督の大一番での思い切った起用に選手が見事応えてくれました。

あのキング・カズが
「選手はみんな輝いて躍動していた。
監督がやろうとしたことを監督が思う以上に選手がやったのでは」
と言っていたように、全選手が最後まで走り続け、
ここ数年見たことのない位、気合が入ったプレーしていました。

そして試合終盤。本来守備的なポジションを務めている
最年少プレーヤー井手口の、メッシを思わせるような、
ストライカーのような豪快なミドルシュートは見事でした。
これは(W杯)決まったな、と試合を決定づける
とどめの一発には思わずガッツポーズが出ました。

ガッツポーズと言えば、、
試合を観に行っていたフジテレビの笠井アナによると、試合終了間際
ハリル監督が繰り返し拳を振り上げる動きをしていたそうです。
、、、そうなんです。「ガッツポーズの練習」です。笑
今回も、相手チームを「自分のチームであるかのように把握している」
と言っていたように研究熱心で知られるハリル監督ですが、
まさかチームが勝利した時の自身のガッツポーズまで研究していたとは、、、
びっくりです(笑)

 

全てにおいてストイックな(笑)ハリル監督率いる日本代表。
W杯本番でも期待したいと思います!!!

 

 

レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展

先日久しぶりに近代美術館に行って、
レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展
を見てきました。

 

 

16世紀、モナリザで有名なレオナルド・ダ・ヴィンチと
ダヴィデ像で有名なミケランジェロの二人が
ヴェッキオ宮殿にそれぞれの壁画を描くという
一大プロジェクトがあったそうです。

 

ダ・ヴィンチはアンギアーリの戦いを、


ミケランジェロはカッシナの戦いを描き


2つの作品を並べて公開する予定でした。

 

しかし、ダ・ヴィンチは油絵で失敗してしまい諦めてそのまま放置することに、
ミケランジェロは下書きが終わった段階で教皇に呼ばれて別の仕事することになり、
ともに完成することはありませんでした。

作品は未完成のままでもその場に残され、多くの画家たちに模写されていきます。
その代表がルーヴル美術館にあるピーテル・パウル・ルーベンスの作品です。
(フランダースの犬に出てくる、あのルーベンスです)


 

 

そして、16世紀後半に宮殿の改築が行われ、
壁画はジョルジョ・ヴァザーリの作品になったことで
2人の作品は壁ごと失われることとなります。
もうこの世には現存しないものと思われていました。

が、近年になり、ダ・ヴィンチの作品があった壁は2重になっていて
アンギアーリの戦いを保護するのに十分な空間があることがわかったのです。
今あるヴァザーリの作品の奥に残されている可能性が出てきました。
しかもそのヴァザーリの作品には「探せ、さすれば見つかる」
という文字が書かれていたそうです。
もしかしたら、かの天才が残した最大の作品がまた見られるかもしれません。
今後の調査に期待です。

 

それにしても、同じプロジェクトを同時期に2人が手がけたのは、この時だけなので
二大巨匠による最初で最後の競演は見てみたかったですね(>_<)

田中の夏休み2017(*^-^*)

最近また少し暑くなり始めた
今日この頃ですが、今月初めに
いつものごとく釧路に帰省してきました\(^o^)/

 

今回はどこに行きましたかと言いますと、
まずは7時に出発し、昼に無事到着!
昼ご飯は釧路のソウルフードとしておなじみの
泉屋のスパカツをいただきました・・・

 



 

改めて見てもこの迫力・・・
ただ若かりし頃は田中これを平気で二皿食べてました(笑)

 

ちょっと味も濃厚でヘビーなので、
食べきれないかもと思った皆さんご安心ください!
そんな方にはあっさり塩味の泉屋風というメニューもあるのです。

 



 

まあ、量的にはそんなに変わらないんですけどね(-_-;)

 

その後、田中家で小学生以来ではないかという
名所、米町公園を訪れました(*^▽^*)

 



 

なかなか見られない両親とのショットですよ(笑)

 

夜は今の住所に引っ越す前に訪れていた
寿司屋の名店「鮨の錦」にてお寿司&焼きガキを
お酒と共に楽しみ・・・

 



 



 

1日目最後は知人の店でさらにお酒を浴び・・・

 

 

 

 

※ここは自主規制のためカットさせていただきます(笑)

 

2日目は朝から釧路のラーメンと言えばここ、
そう、「まるひら」にて特大ラーメンをいただきました!!

 



 

じつはここ幼馴染の家が営むお店で幼馴染はなんと5代目!
帰りには脅した甲斐もあり(笑)、
なんと、チャーシューの切れ端いっぱいくれました(笑)

拓也、忙しい中ありがとう<m(__)m>

 



 

今回はかなり釧路人にとってはベタな帰省となりましたが(笑)
非常に満足の1泊2日となりました!!

 

よし、残暑も乗り越えてがんばるぞ(*^^)v

 

 

 

 



 

写真は患者さんからいただきました
ディズニーお土産です(*^_^*)

いつもありがとうございます<m(__)m>

 

よし、最近は食べてばっかりだからそろそろ
ちゃんとトレーニングしなくちゃ(笑)

 

タイのメッシ

現在J1リーグで3戦勝利なしと苦しんでいるコンサドーレですが、ジェイとチャナティップという2人の新戦力が加わり早速存在感を見せています。
今日は新戦力の一人チャナティップ選手について触れてみたいと思います。

微笑みの国、そして最近話題のガパオライスの国(笑)、タイからやってきた母国の国民的スター・チャナティップ選手。(以下チャナ)
小柄ながらスピーディなドリブルなどテクニックの高さから母国では「タイのメッシ」と呼ばれています。
先月ついにべールを脱いだチャナですが、、巧いです!
まだゴールはないものの、ゴール前で見せる高速ドリブルからのシュートや鋭いスルーパスでチャンスを数多く作っています。
天才・小野も「本当に足下は巧いですよ。たしかに小柄なんだけど、あの速さがあれば、
そう簡単に(敵DFも)当たれないと思う。チームに溶け込むのも早かったし、楽しみですよ」
と太鼓判を押しています!

人柄がまた素晴らしいんです!
古巣のムアントンユナイテッドとコンサがタイで親善試合をした時のことですが、
後半はムアントンの方で途中から出場したのですが、交代する際、替わる選手に「お疲れ様」と言わんばかりにドリンクを手渡ししたのです。
今までサッカーを見てきてこんな光景はみたことがありません。
そして先日の甲府戦では交代でベンチに下がる際にはベンチの選手一人一人に手を合わせていました。
そうです。タイの伝統的な挨拶「ワイ」です。
そうです、と言いながら僕は今調べて知りましたが何か?(おぎやはぎ風開き直り)(笑)

この選手はなんて素晴らしいんだ!!!、、、そう、心が叫びたがってるんだ!!
。。。突然口調が変わってすいません。笑
チャナのあまりの素晴らしさに興奮し、半ば強引に人気検索ワードをねじ込んでしまいました。笑

さて、最後に何とも奇遇なお話を。
チャナ選手がかつて愛読していた日本のサッカー漫画に「ファンタジスタ」という作品があるのですが、
この漫画のストーリーは「小柄なサッカー選手が一流選手を目指して海外へ羽ばたく」というものなんです。
主人公のチームのユニホームは何と赤黒!
そうなんです、チャナはこの漫画の主人公と境遇がそっくりなのです!

(ちなみに「ファンタジスタ」とは,イタリア語で夢を与える人物という意味です。並外れたテクニックを持ち、フィジカルに頼ることなく1つのプレーで局面を変えてしまう優れたサッカー選手を意味します。)

チャナティップ選手にはリアルファンタジスタとなって活躍し、コンサドーレで夢を見せてもらいたいですね。

 



158cmのチャナティップと190cmのジェイ

Home

Search
Feeds