Home

アトラスブログ

平昌オリンピック(*^▽^*)

みなさん、とうとう4年に1度の祭典、
冬季オリンピックが開幕しましたね!!

 

今回はヒラマサ・・・
いや、これだと逃げ恥マニアの松山先生が喜んでしまいます(笑)

 

今回は韓国にありますヒラマサと書いて
平昌(ピョンチャン)で2月9日~2月25日までの
計17日間、94にもなる代表で(国は93か国)行われる
オリンピックなのであります(*^^)v

 

スピードスケート、スキーやボードなど
日本人がメダル有力な種目がたくさんあるので
スポーツを愛し、スポーツに愛された男、
サンシャイン田中、非常に楽しみでしかたありません(笑)
ちなみに松山先生は「一番注目してる種目は?」の質問に、

 

 

 

 

「レジェンド葛西1本です。」

 

なんとも一途な、また受験生みたいな発言をしてました(笑)

 

さて、そんなおっさんのどうでもいい話はさておき、
ここで自称カイロ界の雑学王、田中が
冬季オリンピックにまつわるクイズを出題したいと思います(*^-^*)

 

 

 

 

Q1
初めて冬季オリンピックが行われたのはいつでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

A
1924年

 



 

夏季から遅れる事28年、古代オリンピックに
冬の種目が無く、模範がなかったために
全くその発想自体がなかったのですが、
フランスのオリンピック関係者らが
16か国、アイスホッケー、スキー、スケート、ボブスレーの
4競技を実験的に行ったのが始まりとのことです。

 

 

 

 

Q2
冬季オリンピックの開催地の中で
最南の都市はどこでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

A
長野

 



 

 

北緯36度の長野が最南の都市で
ちなみに最北の開催都市は1994年に行われた
北緯61度のリレハンメルだそうです。

 

 

 

 

Q3
フィギュアスケートの「フィギュア」とは
いったいどういう意味でしょう?

 

 

 

 

 

 

 

A
図形

 



 

氷上を滑ると跡(トレース)が残るのですが、
これをどれだけ課題の図形に正確に描けるかを競う
コンパルソリーフィギュア(規定図形)が
1990年まで行われており、その名残で
「フィギュア」という名前だけが残ったのです。

 

 

 

 

Q4
現在スキージャンプで主流のV字ジャンプ、
そのV字ジャンプを初めて飛んだスキー選手は?

 

 

 

 

 

 

 

A
ヤン・ボークレブ

 



 

1980年代に活躍したスウェーデン人選手で、
もともと故意にしていたわけではなく
本人のクセで足が開いてしまってたのですが、
これが飛型点の減点も気にならないくらい
飛距離が出るようになりみんな影響を受けたとのこと。
ちなみにこのV字ジャンプ、長身で細身のほうが有利らしいです。

 

 

 

みなさんわかりましたか?
ちょっと難しかったですよね((+_+))
そんなみなさんのために簡単な問題を最後に出しましょう!

 

 

 

 

じゃあ最後の問題です・・・

 

 

 

 

Q5
この方はいったい誰でしょう?

 



 

え?わからない(笑)?
そんなことは絶対ありませんよ!!
絶対みなさん存じ上げております(*^▽^*)
なのでここはあえてノーヒントでいきますよ(*^^)v

 

もし、どうしても気になって寝るに寝れない・・・
そんな方はアトラスで田中にお聞きください!
そして知人、友人の方は直接ご連絡ください(笑)

 

さあ、ますますこれからもオリンピックから目が離せませんよ!!
金メダル目指してがんばれニッポン(*^▽^*)

 

 

 

 



 

写真は患者さんからいただいた旭山動物園のお土産です!
いつもありがとうございます(*^▽^*)
寒さがまだ続きますがくれぐれも
風邪とインフルエンザにはご注意ください(*^-^*)

 

 

 

Franz Ferdinand

僕が好きなスコティツシュロックバンド、フランツ・フェルディナンドが
なんと四年ぶりとなるニューアルバムをリリースします!
オリンピックか!と言いたいくらい久々のリリースですが、
発売日を調べてみるとちょうど僕の休みの日ではありませんか!
これはもう買えよ、ってことでしょう。
仕方ありません、買います。笑

という訳で今回はフランツ・フェルディナンドについて触れてみたいと思います。

バンド名の由来は、世界史のお好きな方は覚えていらっしゃると思いますが、
第一次世界大戦のきっかけとなったサラエボ事件で暗殺された
オーストリア皇太子フランツ・フェルディナントの名前から「響きが良い」
との理由で付けたそうです。
あまり縁起は良くなさそうですが、、笑

日本では洋楽好きの間でしか知られていませんが
ヒット曲「DO YOU WANT TO」はテレビをよく見る方なら絶対聞いたことがあると思います!
バラエティー番組でよく使われています。

著名人にもファンが多く、僕が洋楽を聴くきっかけとなった
ボンジョヴィの元ギタリストのリッチー、
音別町出身で元ピチカートファイヴの野宮真貴さんなども
「シンプルだけどとても計算された音楽」と評価。
ハーフだけど明智光秀の子孫で、数々の海外アーティストと
仕事をしてきたクリス・ペプラーさんも
「今まで会ってきたミュージシャンのなかでも、フランツは一番ナイスガイで好感度はピカイチ」
と、その人柄までも絶賛しています。

先日Mステに出演したのにはテンションが上がりました。
同じ回に出演していたJUJUが親切にテレビで初となる通訳を買ってでてくれまして、
JUJUカッコいいなーと思って見ていましたら、
近くにいたHey!Say!JUMPにもイギリスに留学経験のある子がいて
「フランツのファンなんです、直接話してもいいですか?」と
グイグイ出てきてペラペラ英語で喋り始めたではありませんか!
JUJUのすごさ半減!!残念!!
以上、久々の登場、波多陽区でした。笑

新曲「Always Ascending」の演奏では
ボウイへのオマージュのようなイントロからソウルワックスを思わせる
グルーヴへと移行する新たなフランツのサウンドにタモリさんもご満悦でした。
最近、曲終わりのタモリさんの微妙な表情の違いから、好きかどうかわかるようになってきました。笑


フランツ・フェルディナンド     フランツ・フェルディナント

アトラスは・・・?

突然ですが問題です。
次の中でアトラスはどれでしょう?

1


 

2


 

3


 

4


 

5


 

6


 

4と答えた方・・・ありがとうございます。
あなた方がいるからこそアトラスは成り立っています。
ですが、実はこれすべて『アトラス』なのです。

 

1.オオカンガルー『アトラス』
2017.11.20に円山動物園でオオカンガルーのエイミー(14歳)の子が
確認されアトラスと名付けられました(お腹の袋から顔を出している子)。
由来は我が中村カイロアトラスと同じで、これからも円山動物園を
支えてほしいとの願いを込めて。

 

2.日産トラック『アトラスF24』
ドライバー中心の発想から生まれた新世代トラック。
マイケル・ベイ監督なら映画トランスフォーマーで変身させてそう。

 

3.旭化成の都市型マンション『アトラス』
「都市の暮らしに誇りと安らぎを」をコンセプトに利便性や
高級感だけでなく、適度なつながりをもたらす暮らしを
実現させるマンション。こんなマンションに住んでみたい。

 

4.中村カイロプラクティックオフィス『アトラス』
今さら説明の必要もない我らがアトラス。
5人そろった写真を見るとゴレンジャーと叫んでしまいたくなるのは
昭和を生きた証。

 

5.日本国勢地図帳『ナショナルアトラス』
国土地理院が刊行する一国の自然、社会、経済、文化などを
多数の主題図を用いて体系的に編集したもの。
ちなみに地図帳をアトラスと呼ぶのは16世紀にメルカトルが
地図帳の表紙にギリシャ神話の神アトラスを描いたことに由来。

 

6.ヒト型二足歩行ロボット『アトラス』
2013年はヨチヨチ歩きだったのに、4年後の2017年にはバク宙まで
してみせた脅威の成長を遂げたロボット。さらなる成長を遂げるため
現在はソフトバンクのもとで改良され続けている。
いつかは映画ターミネーター2のような未来がくるのだろうか・・・

2018年田中初ブログ\(^o^)/

みなさんあけましておめでとうございます(*^▽^*)・・・
と言っても、もう1月も1週間ちょっととなりました(゚д゚)!
歳を重ねるとほんと時間が経つのが早いですね(>_<)

 

昨年は大晦日の笑ってはいけないアメリカンポリスで
毎年恒例の年忘れの大爆笑させてもらいましたが、
今年は仕事始めに顔を合わせた松山先生に
「年末年始はどう過ごしていたか?」という質問に・・・
(毎年男同士の温泉旅行をしているので(笑))

 

 

 

 

「逃げ恥、最初から最後まで全部見てました!!」と
若干食い気味にしかもドヤ顔で答えてきたことに対し、
今さら感と似合わなさ感、そしておっさんの微妙な前向き感に
しっかり初笑いをさせていただきました田中です(笑)

 

みなさん、松山先生にお会いした時には、

 

「ひらまさ・・・いや、松山先生」と
わざとらしく間違えてあげてください(*^-^*)
きっと本人のまんざらでもない顔がまもなく見れると思います(笑)

 

さて田中の年末年始は仕事納め、忘年会から
あいかわらずの23時半の深夜バスでの弾丸帰省ツアー(>_<)
朝5時半に釧路に着き、朝ドラ「ひよっこ」総集編を見て
夜は地元の友人たちと友達のお店で忘年会!!

 



右の方は恐い方ではではありません(笑)
ただただ、金の長いネックレスがお好きなだけなんです(笑)

 

ほんとに久々の人とも会い、懐かしさのせいか完全に泥酔し、
後半は全く記憶がなく、朝起きた状態と
訳の分からないところの筋肉痛で、
未だに何があったのか恐ろしくて
誰にも聞けない状況であります(ToT)/~~~
(年忘れと共に忘れる事にします・・・)

 

その後は実家で大晦日、元旦とお寿司やごちそうと共に
家族とゆっくりと過ごすことができました(*^▽^*)

 



 

その後帰省し、仕事も始まりおかげさまで
年明けは忙しく過ごせていたのですが、
体も気持ち的にも少し疲れていたのか
珍しく人生でも過去最大級の風邪を引いてしまい、
自分の誕生日さえもすっかり忘れてたのですが・・・

 



 



 



 



 



 



 



 

そんな中、仕事、プライベートといろんな方から
バースデープレゼントいただいちゃいました!!
わざわざ持ってきてくださった方々、
本当にみなさんありがとうございます<m(__)m>

 

こう体が弱っている時の気づかい、優しさはほんと心身共々染み渡りますね(笑)

 

こういう人の対する優しさ、思いやりが患者さんと
向き合う気持ちの原点だと改めて痛感いたしました!!
この気持ちを忘れずこれからも精進していきたいと思います(*^▽^*)

 

 

そして今年は・・・

 

いったい男・松山剛に逃げ恥のような展開が訪れるのか、
はたして男・松山剛にガッキーのような人が現れるのか、
今年中に男・松山剛の恋ダンスを見ることができるのか、

 

2018年も男・松山剛から全く目が離せませんよ(笑)
全くの他人事ではありますが、みなさん乞うご期待ください(*^-^*)

 

 

それでは皆様、今年もアトラス一同何卒宜しくお願いします(*^^)v

 

 

明けましておめでとうございます。

新年最初のブログとなりますが、もう本日は15日。
いつまで「明けましておめでとうございます」を使って良いのか調べましたところ、
暦の上では、元旦が大正月と呼ばれるのに対し、1月15日が小正月とされており、
この15日までが松の内とされています。(松の内とは、門松などのお飾りを飾っておく期間です。)
この「小正月」までがお正月の挨拶、「あけましておめでとう」を使う期間と考えて良いのだそうです。

今日が使用期限日でした。
ギリギリセーフです。笑

お正月は色々な特番がやっていましたね。めちゃイケファンの僕は中居君との最後の日本一周の旅が面白かったです。
(視聴率が良くなかったと聞き若干ショックでしたが。笑)
旅が終わり

メンバーもフォーマルに着替え、最後はスタジオで本当に最後の願い
「メンバーの皆を集めて、自分なりのお疲れ様を伝えたい」として
中居がメンバーに対して感謝のスピーチを行い、
ナイナイの幼少期からとぶくすり最初のリハーサルまでの「メモリプレイ」を上演。
その後、岡村からも中居に対する感謝の手紙を岡村役の子供に代読させた。
感動の中コメントしようとした中居だが、またしても床が開き、
3000万円かけて復刻した2004年と同じ温泉スライダーの餌食となった。(wikipediaより)

背の低い岡村がいじめられた時に、岡村の母親が「隆史は運動神経も良い。頭もそこそこ良い」と褒め、
「それでもし背ぇ高かったら、神様がもう『凄いのを創ってしまった』ってなるから。
背ぇだけはちっちゃくキュッとしたんや!」
「あんたが背ぇ高かったら、パーフェクトになってしまうやないの!」と励ました、
というエピソードが披露されたりとメンバーも涙ぐんでいるような非常に感動的な雰囲気の中、
不意打ちでのウォータースライダー。
追いかけてきたメンバーたちに中居君は呆れた表情で一言
「このまま(感動的な空気のまま)じゃ終われねーか?」(笑)

感動あり笑いありでこれぞめちゃイケ、という感じの特番でした。

さて、中居君だけに君色思い、、、ではなく患者さん思いで頑張って参りますので(→新年初すべり。笑)
今年も宜しくお願い致します。

 


めちゃイケメンバー

 

こんにちは2018

新年最初の松山ブログはいつもの温泉・・・
と言いたかったのですが、今回は四年ぶりに
温泉に行けなかったのでまったりの正月を
お届けします。

 

30、31日は何をやっていたか記憶になく(笑)
元日に近くの神社で初詣とおみくじをひき、
今年の運勢は吉でした。


 

 

 

それからは本を読んだり、


(今NHKで「精霊の守り人 最終章」を
綾瀬はるか主演でやってますが、
その原作者の別作品です。
この方の「鹿の王」という作品を読み、
とても面白く読みやすかったので
現在ハマっている作家さんの一人です。)

 

 

 

TVの再放送の「逃げ恥」や

(リアルタイムでは観ていなかったのですが、
12月は陸王を観ていてドラマは面白いと
改めて思っていた年末に、一挙再放送があったので
勢いで観てしまいました。)

 

 

 

 

 

地上波初登場の映画「君の名は」を観たり

(これも面白かったですね。しかもTV放送のときは
各社のCMが思いっきりこの作品に乗っかって、似たような
絵柄の作品を放送してましたから尚更でした。)

 

と、のんびり過ごせました。
これはこれで良かったのですが、
温泉の良さも捨て難いので
次回は行きたいですね。

 

 

では最後に今年最初の面白画像を一枚

可愛そうにな、の余計な一言から
醸し出される他人事感が
哀愁を漂わせます\(^o^)/

 

★ A Happy New Year 2018 ★

あけましておめでとうございます!
皆様お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか。
アトラスは本日から2018年の営業開始となりました。
今年もアトラスは皆様の支えになれるようスタッフ共々がんばっていきたいと思いますので、
どうぞ2018年もよろしくお願い致します!

年末年始の営業について

2017年の営業は29日(金)までとさせていただきます。
新年は1月4日(木)からの営業となります。なおご予約受付については
お休みをいただいている間はご返答できませんので、4日のご予約については当日
ご連絡していただいた方が確実にお取りできると思います。
またメール・予約システムに関してもご返答が4日になりますのでご注意ください。

2017田中最後のブログ(*^-^*)

まずはみなさんメリークリスマス!!
そして今年もあっという間に終わりを迎えますね・・・

 

2017年を締めくくるアトラス最後のブログはもちろんそう、
田中と言えばグルメ(ラーメン)でございます(笑)

 

さっそく今年(最近?)いただいた飲んだ後でもおいしい(笑)
名店のラーメンたちをご紹介しましょう!!

 

 

 

 

まずは某番組ハナ〇レナックス(笑)で
キング・オブ・ラーメン中央区編に選ばれた
『Q』の醤油の香り漂う淡麗系の清湯醤油ラーメン・・・

 



 

 

同じく番組で取り上げられた名店、
ご主人が田中の知り合いでもあります
『ふじ屋 NOODLE』の絶品レアチャーシューの
あっさり魚介系醬油ラーメン・・・

 



 

 

こちらは同じ魚介でもトンコツベースの
背脂こってり系の『山嵐 黒虎』の海スープ
ネギ増しバージョンでございます・・・

 



 

 

我が東区を代表する名店、『侘助』の
ここでしか絶対に味わえない自家製麺、
ニラとひき肉とスープが絶妙なオリジナル担々麺・・・

 



 

 

さらにバルなのですが長崎出身のシェフが
九州直送生ちゃんぽん麵で作るこだわりの
野菜、魚介がたっぷりのこだわりの特製長崎ちゃんぽん・・・

 



 

 

そして最後に田中が愛してやまない台湾まぜそばを
さらに独自に改良した通称『タナ湾まぜそば(笑)』・・・

 



 

 

いかがでしたか?やっぱり寒い冬は
美味しいものに限りますよね?
ただ、太らないように代謝上げるため
運動とカイロはぜひ取り入れていきましょうね(笑)

 

今年もみなさんお世話になりました<m(__)m>
みなさんにとって今年はどんな一年でしたか?
田中は来年は少しいろいろとアクティブに
動き回っていきたいと思います(*^-^*)

 

 

 

 



 

写真は友人の患者さんからいただいた名古屋お土産です(*^▽^*)

まりな(友人なので名前出しちゃいます(笑))
こないだのショーご苦労様、そしてありがとう(*^-^*)

 

そしてみなさん今年もありがとうございました。
風邪などひかぬようお過ごしください!
来年も元気な顔で会えますように(*^-^*)
それでは良い年を(*^▽^*)

 

oasis

さて今回は音楽の話を。
いきなりですが皆さんは解散した、再結成して欲しいアーティストはいますか?
僕はいます(笑)

デビュー時に「ビートルズの再来」といわれたオアシスというロックバンドです。
世界中のロックファンの中で最も再結成を望まれているバンドかもしれません。
バンドの中心人物はギャラガー兄弟(兄・ノエル 弟・リアム)なんですが、
この兄弟が絵に描いたような不良キャラなんです。笑
ライブ中にドラッグをやったり、兄弟喧嘩のせいである時は
ノエル不在で、ある時はリアム不在でライブをやる事になったりとやることが滅茶苦茶。
解散した理由もまた兄弟喧嘩なのです(笑)
最後のケンカはかなり強烈だったようで兄のノエルは
オアシスの再結成の可能性をかなり強く否定していて、
「飢餓に瀕している世界中の子供たちの運命がこれにかかっていたとしても」
再結成はしないと語っています(笑)
そんな激しいギャラガー兄弟なのですが、そんな人物像からは想像できない程、
楽曲は優しく美しく、普遍的な親しみやすさがあり、稀代のメロディーメイカーです。
リアムの歌声は非常に綺麗でノエルの歌声もまためちゃめちゃかっこいいのです。

先日のマンチェスターでのテロ後に行われた追悼集会では
人々が誰からともなく、第2のイギリス国歌とも呼ばれている名曲「Don’t Look Back in Anger」
を歌い始め、合唱するという一幕もありました。(曲名の意味は「怒りと共に振り返ってはいけない」)
聞いたことのない方はぜひYOUTUBEなどで聴いてみて下さい。
他にオススメ曲は「ロールウィズイット」「リヴフォーエバー」「ショックオブライトニング」「リトルバイリトル」などです。

最後にノエル(作曲担当)が珍しく真面目に語った名言と
弟のリアムが呟いた迷言(笑)をご紹介して今回のブログを終わります。

ノエル
「ソングライターとして最も難しいのは喜ばしいことについて書くことだ。
そして喜ばしい曲を書くというのは、この世界で毅然としているということだ。
最近では人々は喪失、痛み、暗闇、怒りと言ったことについての曲を書くことが多い気がする。
でもソングライターとして喜びの曲を書くのは物事に屈しない、という事だ。
醜い事や憎しみに直面しても{美しい世界だ}と歌うのは物事に屈しないというメッセージだ。」

リアム
「朝起きたら、兄貴が※ローワン・アトキンソンに見えたんだ。笑」
※ミスター・ビーンで有名な俳優


ノエル・ギャラガー(左)とローワン・アトキンソン(右)
最近のノエルは眉毛を整えているのであまり似ていないのですが
眉毛・目のあたりはけっこう似てます。
オアシスファンの方なら「あー、わかる」と思って頂けると思います。笑

Home

Search
Feeds